〒273-0046
千葉県船橋市上山町3-531-27

電話マーク

お電話

メニュー

冷房病(クーラー病)とは?

/

症状から記事を探す

 

こんにちは!そるーな鍼灸院整骨院です!
8月下旬になりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。
室内でも冷房をつけていないと熱中症になってしまうケースも多くあるようです。
熱中症には充分気を付けて下さいね!

8月に入り腰痛、肩コリに加え疲労感や倦怠感などを感じる方からのお問い合わせ、ご相談やご予約が増えています。

その方達の多くの原因が冷えと考えられます!
7月8月に入り暑くなってからは室屋内では冷房の効いた環境で過ごしているのではないでしょうか?

夏は屋内と屋外では寒暖差が激しくなる為、身体が冷えやすくなり、いわゆる冷房病の発症のリスクが増えてしまいます。

人の身体は体温を一定に保つ為に常時、血管の太さを変化させています。
暑いと感じる時は血管を拡げる事により汗をかき、寒いと感じるときは血管を細くし体温が逃げないようにしています。

こういった作用は自律神経が大きく関わっており暑い屋外で汗をかいた後に屋内の冷房の効いた環境に入る事などの影響で自律神経の乱れが生じます。
冷房病とは寒暖差によって自律神経が乱れて起こる症状の事を言い身体に様々な症状が出るとされています!

肩コリ、腰痛、倦怠感や疲れが取れない、身体の冷え(特に手や足)、お腹(内臓の冷え)の冷え、といった症状が出てきます。

当院ではそういった症状に応じて鍼治療や灸治療を行っています!

特に冷え症状の方には灸治療をオススメしています!

せんねん灸は筒状の台座の上にもぐさが乗った間接灸です!

日本の伝統的な温灸療法の一つで、特殊な小さな灸(お灸)を使います。

身体のツボに灸を置いて熱を加えることで、体内の気の流れを調整し、健康を促進します。煙が少なく、刺激が穏やかなため、多くの方にご利用いただけます。

当院のオススメの一つである箱灸は木の箱の中に張られているステンレス製の網の上でもぐさを燃やし、身体に熱刺激を加えていく施術です。
お腹や肩、背中などの平面になっている箇所に主に使用します。

自律神経が走行している背骨周辺を緩めることにより身体の緊張を緩め、副交感神経を活性化させることにより自律神経の乱れを整えることが期待されます!

 当院の人気メニューの灸頭鍼は、温灸療法の一種で、特殊な灸頭鍼を使用して体のツボに刺激を与え、熱を加えることで血行を促進し、筋肉のこわばりや冷えからくる不調を緩和します。

疲労回復やストレス解消にも効果的です。

当院が行っている。灸治療はもぐさが肌に直接当たらないうえ、私達、鍼灸師が時間をきちんと管理しているため「熱くなりすぎる」「火傷をして跡が残る」といったリスクは低くなっています!

例年以上に暑い夏になっており冷房なしでは過ごせない影響で様々な症状が出てきています。

上記のような症状を感じた方は是非、そるーな鍼灸院整骨院にお問い合わせ、ご相談下さい!

当院のサービス

イメージ

保険施術

イメージ

鍼灸

イメージ

美容鍼

イメージ

整体

イメージ

電気療法

イメージ

カッピング

イメージ

固定療法

イメージ

訪問施術

イメージ

交通事故施術

そるーな鍼灸院整体院

住所

〒273-0046
千葉県船橋市上山町3-531-27

最寄駅

馬込沢駅から徒歩15分/法典小学校から徒歩5分

駐車場

あり(4台)

10:00〜12:30 -
16:00〜20:00 - - -
お電話でのお問い合わせ

047-407-2387

 
Web予約はこちら24時間受付

BACK TO TOP

ご予約アイコン

ご予約

施術の前にアイコン

施術の前に

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー