〒273-0046
千葉県船橋市上山町3-531-27

電話マーク

お電話

メニュー

電気療法 イメージ
見出しアイコン

電気療法

電気療法はどういった施術なのでしょうか?

整骨院では、手技や鍼灸に加えて、電気を使った施術を行うことがあります。

マッサージ作用はもちろんのこと、その他さまざまな作用が電気には期待できるのです。
こちらのページでは、当院の「電気療法」について、機械の種類や特徴、期待される効果をまとめてあります。
長年の身体の痛みや、自律神経の乱れ、ケガの後遺症などでお悩みの方は、ぜひご参照ください。

目次

このようなことに悩まされていませんか?

  • 四十肩・五十肩で腕をあげにくい
  • ケガの影響で関節が硬くなっている
  • 腕の痛みやしびれがつらい
  • 自律神経の乱れで体調が良くない

電気療法の仕組みや種類について

整骨院では、手技だけではなく、物理療法(機械を使った施術)も行っています。
その中でも、特に使用されている機械が「電気療法」です。
こちらでは、電気療法がどういった施術なのか、機械の種類や仕組み、特徴などをご紹介します。
また、電気療法は手技や鍼と組み合わせることで、より施術の効果を高められると言われています。

電気療法について

人間の身体には元々微弱な電気(生体電流)が流れており、外部からの電気刺激に反応しやすいという特性があります。
その特徴を生かし、身体に電気を流すことで、患部の治癒力を高めていく施術が「電気療法」です。
当院の電気療法では、主に次のような機材を使用しています。

 

電気療法で使用する機材

●低周波機器

低周波機器は、1〜999Hzの電気を身体に流す機器です。
(主に1〜200Hzの周波数が使用されます)
電気刺激によるマッサージ作用鎮痛作用(ゲートコントロール)を目的として、低周波療法は行われます。

・マッサージ作用

身体に電気を流すことで、筋肉が収縮・弛緩を繰り返します。
すると、筋肉のポンプ作用で血行が改善され、筋肉に溜まった発痛物質も排出されやすくなります。
低周波は皮膚抵抗が大きく、ピリピリとした痛みを感じやすいため、主に皮膚表面にある筋肉を緩めるために使用されます。

・鎮痛作用(ゲートコントロール)

ゲートコントロール理論とは、「弱い刺激を皮膚に加えることで、痛みのゲート(経路)をブロックする」という考え方になります。
皮膚の触覚神経の方が痛覚神経よりも伝達速度が速く、脳に信号が送られやすいため、痛みの遮断が期待できるのです。

高い周波数の方が、痛みに対する即効性は期待できますが、通電をやめると症状が戻りやすくなると言われています。
一方弱い電気では、効果を実感するまでに時間はかかりますが、その分鎮痛作用が長持ちするとされます。

●干渉電流型低周波機器

干渉波とは、1000Hz以上の中周波を体内で衝突(干渉)させ、新しい周波数の電流を発生させる機器になります。
皮膚表面の刺激である低周波に比べ、身体の深部に電気を流せることが特徴です。
※例えば、1000Hzと1050Hzの電流を干渉させると、体内には差分の50Hzの低周波電流が発生します。

干渉波は、主に筋肉をもみほぐすマッサージ作用や、筋力トレーニングなどを目的として使用されます。

●パルス

パルス波とは、短時間の間に発生する、一定の間隔を持った電気刺激のことです。
ツボに刺した鍼に端子を繋ぎ、パルス波を流すこともあります。

パルス波は、電気刺激によるマッサージ作用に加えて、自律神経の働きを正常化にする作用も期待されます。

・遠赤外線

電気ではありませんが、遠赤外線という機器もあります。
遠赤外線の作用で身体の深部を温め、緊張を緩めたり、血行を促したりすることが可能です。

電気療法による効果・メリットについて

電気を身体に流すと、患部にマッサージ作用鎮痛作用を発揮できるとされています。
それでは、具体的にどのような症状で電気療法は有効なのでしょうか。
電気療法によって起こる身体の変化や、改善が期待される症状をこちらで詳しくご紹介します。

電気療法の効果・改善が期待される症状

●電気療法の効果

電気を流すことで、身体には次のような作用が期待されます。

・疼痛の緩和

電気刺激で筋肉のポンプ作用が活性化し、血流が改善されるため、身体に溜まった発痛物質が除去されやすくなります。
また電気刺激には、神経の興奮を抑える作用もあるため、痛みの緩和が期待されます。

・筋肉の緊張を緩める

電気によるマッサージ作用で、筋肉の緊張が緩和されやすくなります。
特に当院の干渉電流型低周波機器は、3方向から電気を干渉できるため、深部の緊張も緩められるようになっています。
(一般的な干渉波は2方向と言われています)

・筋肉の賦活化

普段使っていない筋肉を電気刺激で動かすことにより、筋肉の賦活化(活性化)が期待できます。

●電気療法によって改善が期待される症状

電気療法を使用することで、次のような症状改善が期待されます。

・肩こり、腰痛

筋肉の緊張を緩め、血行を促進させることで、肩こりや腰痛といった症状の改善が期待されます。
また、干渉波を使用することで、身体の深部までほぐせるようになると言われています。

・膝、足首の痛み

電気刺激は筋肉だけではなく、関節の痛みにも有効的です。
関節周辺の血行を促すことで、膝や足首の痛みも緩和されやすくなります。

・関節拘縮、筋萎縮

筋肉の緊張がほぐれると、関節が動かしやすくなります。
また、筋収縮がスムーズに行えるようになるため、筋力の回復も図れます。
そのことで、四十肩・五十肩外傷の長期固定から起こる関節拘縮、筋萎縮などの改善が期待されます。

・自律神経症状

パルス波には、自律神経の働きを調整する働きが期待されます。
交感神経と副交感神経のバランスが整うことで、頭痛めまい吐き気消化不良といった不定愁訴の改善が期待できます。

また、鍼によるツボ刺激と組み合わせると、さらに効果が高まります。

・神経痛

パルス波には、知覚神経の閾値(刺激を感知できるかどうかの境目にあたる刺激の強さのこと)を上げる作用があると言われています。

神経根症状(神経の圧迫から起こる痛み、しびれ)のある箇所にパルスを流すことで、神経痛の緩和が期待されます。

また、低周波によるゲートコントロールによっても、神経痛の緩和を期待できます。

そるーな鍼灸院整骨院の「電気療法」

当院では「イトー超短波ES5000」「パルス機器」「遠赤外線」などをご用意しております。

●イトー超短波ES5000

炎症性の痛み(例、ぎっくり腰、寝違え、捻挫、骨折、肉離れなど)や慢性の痛み例、腰痛、関節可動域制限、繰り返し起こす怪我、関節水腫など)には、それぞれの症状にあった電気のモード、周波数、出力を合わせて使用します。
症状に合わせて変えることで、より早い段階で症状の改善が見受けられます。
また、ケガの予防姿勢の改善にも使用することがあります。

●パルス機器

当院では、お身体の不調やお顔の施術などで使用しています。
鍼に電気を流すことで、筋肉の緊張緩和はもちろんですが、炎症の鎮静自律神経の調節などにも効果的です。

●遠赤外線

深部まで温めることが可能で、関節痛鍼施術などお肌を露出するときに使用すると、より効果的です。

 

よくある質問

揉み返しは起こりますか?

個人差によりますが、血流が滞っている部分に刺激を入れるため、人によってはもみ返しが起こる場合もあります。

▲ ページTOPに戻る

どんな施術をしますか?

お身体のゆがみの原因となる筋肉をストレッチやほぐすことで整えていきます。

▲ ページTOPに戻る

痛みがあるところのみの施術ですか?

患者様の姿勢や日常生活を考え、全体的に施術することが多いです。

▲ ページTOPに戻る

著者 Writer

著者画像
羽藤 頌子(ハトウ ショウコ)
所有資格:鍼灸師
生年月日:10/20
血液型: B型
出身: 船橋市
趣味: ソフトボール・海に行くこと・甘いものを食べる
得意な施術: 整体、美容鍼
ご来院されるお客さまへ一言:当院は、最初のカウンセリングはもちろんですが、毎回ご来院された際にはカウンセリングを行い、その日、その時に合った施術を提供します。
患者様に寄り添い、つらい症状を早く改善できるように、サポートいたします。

TREATMENT LIST

保険施術アイコン

保険施術

鍼灸アイコン

鍼灸

美容鍼アイコン

美容鍼

整体アイコン

整体

電気療法アイコン

電気療法

カッピングアイコン

カッピング

固定療法アイコン

固定療法

訪問施術アイコン

訪問施術

交通事故施術アイコン

交通事故施術

ABOUT US

そるーな鍼灸院整骨院

住所

〒273-0046
千葉県船橋市上山町3-531-27

最寄駅

馬込沢駅から徒歩15分/法典小学校から徒歩5分

駐車場

あり

10:00〜12:30 -
16:00〜20:00 - - -
お電話でのお問い合わせ

047-407-2387

 
Web予約はこちら24時間受付

BACK TO TOP

ご予約アイコン

ご予約

施術の前にアイコン

施術の前に

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー