〒273-0046
千葉県船橋市上山町3-531-27

電話マーク

お電話

メニュー

自律神経失調症<span class=お悩みの方へ イメージ">
見出しアイコン

自律神経失調症お悩みの方へ

原因不明の不調は自律神経失調症かもしれません

「医療機関で異常は見つからないけど、身体が常にだるい」「夜眠れない」「気持ちがなんだか落ち着かない」といった、
身体的、精神的な不調に悩まされていませんか。

原因がはっきりとしないお身体の悩みは、自律神経の乱れが影響している可能性があります。
こちらのページを参考に、自律神経失調症の改善・予防を目指しましょう。
自律神経が乱れる原因や引き起こされる症状・具体的な対策についてまとめてあります。

目次

このようなことに悩まされていませんか?

  • 疲労感が抜けない
  • 理由もなくイライラしてしまう
  • めまいがする
  • お腹の調子が良くない

自律神経失調症の原因と症状について

原因が分からない不調に対し、医療機関では「自律神経失調症」と診断されることがあります。
こちらでは、自律神経失調症がどういった状態をいうのか、神経の仕組みやバランスが崩れる原因、起こりやすい症状を詳しくご紹介します。
ご自身に当てはまる原因や症状がないか、一度確認してみてください。

自律神経失調症について

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れることで生じた、さまざまな症状の総称を言います。

●自律神経とは

自律神経は、末梢神経の1つになります。
末梢神経とは、中枢神経と皮膚や内臓、筋肉といった身体の各器官を結び、情報伝達を行う神経のことです。

・中枢神経:脳、脊髄
・末梢神経:体性神経(知覚神経、運動神経)、自律神経

知覚神経は聴覚や視覚、触覚といった感覚を中枢神経に伝え、運動神経は脳からの指令を骨格筋に伝え、身体を動かす働きがあります。

一方の自律神経は、呼吸や血液循環、消化といった機能を調整し、体内の環境を一定に保つ役割を果たしています。
体性神経系とは違い、無意識に働いている点が、自律神経の大きな特徴です。

●自律神経が乱れるとは

自律神経は、主に日中の活動時に働く「交感神経」と、夜間の休息時に働く「副交感神経」の2種類に分けられます。
2つの神経がアクセルとブレーキの働きをして、身体の状態を一定に保っているのです。

・交感神経:血圧の上昇、瞳孔の拡大、消化の抑制など
・副交感神経:血圧の低下、瞳孔の縮小、消化の促進など

「自律神経の乱れ」とは、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態を指します。
特に自律神経失調症は「交感神経優位」の状態を言います。

自律神経が乱れる主な原因

●ストレス

ストレスを感じると、自律神経は乱れやすくなります。
精神面だけではなく、物理的なストレスも含まれます。

・精神的ストレス:仕事のプレッシャー、環境の急な変化、人間関係など
・物理的ストレス:気温・気圧・湿度の変化、光、騒音など

●睡眠不足

睡眠不足や不規則な生活習慣は脳へのストレスとなり、自律神経を乱しやすくなります。

●ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの急激な低下があると脳が混乱を起こし、自律神経が乱れやすくなります。
産後や更年期などが、ホルモンバランスが大きく変化する時期に生じることが多いです。

●運動不足

運動不足は、自律神経系の働きを抑えやすくなると言われています。

また、運動不足になると、不眠や睡眠障害を起こす要因になります。
睡眠の質の低下が脳へのストレスに繋がり、自律神経失調症が生じることがあります。

自律神経失調症の主な症状

交感神経と副交感神経のバランスが乱れると、次のような不調を招く可能性があります。

※次に挙げる症状が、何かの病気から起きている可能性もあります。
心身の不調を感じたら、まずは医療機関に相談するようにしてください。

●頭痛

交感神経が優位に働くと、身体全体が緊張しやすくなります。
硬くなった筋肉で頭部へと走る神経や血管が圧迫されると、緊張型頭痛が生じることがあります。
緊張型頭痛は、頭全体の締め付けられるような痛みが主な症状と言われています。

また、頭の片側がズキズキと痛むような片頭痛も、自律神経の乱れが影響していると考えられています。

●めまい

頭痛と同様、頭部への血行不良からめまいを生じることがあります。

●肩こり・腰痛

交感神経の働きすぎると、首や肩、腰部の緊張が強まりやすくなります。
血行不良を起こしたり、末梢神経を傷つけたりすることで、肩こりや腰痛に繋がる場合があります。

●睡眠がうまく取れない

交感神経から副交感神経への切り替えがスムーズにできないと、夜間でも脳が覚醒した状態になってしまいます。
「睡眠がうまく取れない→より自律神経が乱れやすくなる→…」といった、悪循環も起こりやすくなります。

●疲れやすい

交感神経が優位になると、脳や身体がうまく休息をとれなくなるため、疲れが溜まりやすくなります。

●胃腸の不調

自律神経が乱れると、胃酸が多く分泌されやすくなります。
胃酸によって、胃の粘膜に炎症が生じると、胃の痛みや胸焼けを起こすことがあります。

また、消化機能の低下から消化不良を起こし、吐き気を催す場合もあります。

●情緒不安定

交感神経が過剰になると、精神面も安定しにくくなります。
イライラ不安感うつ症状に繋がる場合があります。

自分で行える自律神経の乱れを改善する方法

自律神経失調症を悪化させると、身体の不調はもちろんのこと、うつ病といった心の病気に繋がる可能性もあります。
生活習慣を見直して、ストレスを減らしていくような対策をしていきましょう。
こちらでは、自分で簡単に行える、自律神経失調症への対処・予防法をご紹介していきます。
無理のない範囲で、日常生活に取り入れてみてください。

自分で行える自律神経失調症の対処法

自律神経の乱れには、次のような対策が効果的です。

●休息をとる

自律神経へのストレスを軽減するため、しっかりと休息をとるようにしてください。
心身をリフレッシュするには、次のような方法があります。

・入浴する

身体の疲れやストレスが溜まっているときには、湯船にゆっくりと浸かりましょう。
しかし、熱いお湯にさっと入るのでは、交感神経が興奮しやすくなります。
40度前後のぬるめのお湯に、10〜15分以上を目安に、じっくり浸かるようにしてください。

また、寝る90分前に入浴を済ませるようにすると、スムーズに眠りに入りやすくなります。

・深呼吸をする

深呼吸によって、副交感神経が活性化されやすくなります。
身体の硬さを感じたり、ストレスを感じたりした際には、意図的に腹式呼吸を行いましょう。

目をつむり、鼻からゆっくりと息を吸って、お腹全体を膨らませるようにします。
口から息をゆっくりと吐き、お腹の空気を空にするようにします。
入浴中に行うと、より効果的と言われています。

・ストレッチする

ストレッチによって、筋肉の緊張をほぐしましょう。
深い呼吸ができるような、首や肩、肩甲骨まわりのストレッチが特におすすめです。

●ストレス解消できる時間をつくる

仕事や人間関係などでストレスが溜まっていると、交感神経が優位に働きやすくなります。

・趣味に没頭する
・軽い運動をする
・友人と何気ない会話を楽しむ
・自然に触れる機会を作る

など、ストレス解消できる時間を、意図的につくるようにしてください。

※ボルダリング
アメリカの研究によって、ボルダリング(壁を登っていくスポーツ)がうつ症状の改善に有効だと分かりました。
「落下しないように、手足に神経を集中させる→余計なことを考えなくなる」「登りきった際の達成感・幸福感を味わえる」
といった点が、ストレスの解消に繋がるのではないかと考えられます。

普段から行える自律神経失調症の予防法

自律神経のバランスが崩れないよう、普段から予防しておきましょう。

●適度な運動

毎日20〜30分間のウォーキングを習慣化しましょう。
適度な全身運動には、気晴らしによるストレス発散を期待できます。
また運動によって、幸せホルモンともよばれている「セロトニン」の分泌が増加することも分かっています。

ウォーキング以外にも水泳サイクリングジョギングなども、お手軽な全身運動としておすすめです。

●生活習慣を整える

不規則な生活は脳へのストレスとなり、自律神経のバランスを崩しやすくなります。
寝る時間と起きる時間を一定にして、規則正しい生活を心がけましょう。

また、生活習慣を改善するため、次のようなポイントも参考にしてみてください。

・朝、日光を浴びる

朝日を浴びることで、体内時計がリセットされます。

また、太陽の光を浴びると、睡眠に重要なセロトニンの分泌も促進されます。
1日15〜30分ほど日光を浴びることをおすすめしています。

・朝食にたんぱく質を摂取する

セロトニンの生成は、朝起きてから14〜16時間ほどかかるとされます。
そのため、朝ごはんにセロトニンの素となる「トリプトファン(たんぱく質)」を摂取することをおすすめします。
トリプトファンは、大豆製品(豆腐、納豆、味噌)や白米、乳製品、ナッツ類、バナナなどに多く含まれています。

●睡眠をしっかりとる

睡眠不足が続くと、自律神経が乱れやすくなります。
夜更かしは避けて、毎日7時間以上は睡眠をとるようにしてください。

また睡眠の質を妨げないよう、パソコンやスマホは寝る30分前からは見ないようにしましょう。

そるーな鍼灸院整骨院の「自律神経失調症」のアプローチ法

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れることによって、心身にさまざまな不調が現れた状態を指します。
当院でもとても多い症例です。
自律神経失調症は、緊張や興奮をさせる交感神経と、精神や身体をリラックスさせる副交感神経の2つの神経のバランスが崩れ、多くの不定愁訴を訴えることが多いです。

・不眠
・食欲不振
・頭痛やめまい
・喉の違和感
・動悸
・身体の疲労感
・微熱
・浮遊感
・肩こりや手の震え
・四肢の冷え

などが挙げられます。

自律神経のバランスが崩れる原因には、精神的ストレス、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。
大半の方が、首から腰にかけての筋緊張が見受けられるため、「鍼灸施術」「整体」「カッピング」にてお身体を整えていきます。

著者 Writer

著者画像
羽藤 頌子(ハトウ ショウコ)
所有資格:鍼灸師
生年月日:10/20
血液型: B型
出身: 船橋市
趣味: ソフトボール・海に行くこと・甘いものを食べる
得意な施術: 整体、美容鍼
ご来院されるお客さまへ一言:当院は、最初のカウンセリングはもちろんですが、毎回ご来院された際にはカウンセリングを行い、その日、その時に合った施術を提供します。
患者様に寄り添い、つらい症状を早く改善できるように、サポートいたします。

TREATMENT LIST

保険施術アイコン

保険施術

鍼灸アイコン

鍼灸

美容鍼アイコン

美容鍼

整体アイコン

整体

電気療法アイコン

電気療法

カッピングアイコン

カッピング

固定療法アイコン

固定療法

訪問施術アイコン

訪問施術

交通事故施術アイコン

交通事故施術

ABOUT US

そるーな鍼灸院整骨院

住所

〒273-0046
千葉県船橋市上山町3-531-27

最寄駅

馬込沢駅から徒歩15分/法典小学校から徒歩5分

駐車場

あり

10:00〜12:30 -
16:00〜20:00 - - -
お電話でのお問い合わせ

047-407-2387

 
Web予約はこちら24時間受付

BACK TO TOP

ご予約アイコン

ご予約

施術の前にアイコン

施術の前に

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー